刑務作業の種類

a0001_000062刑務作業とは受刑者の矯正および社会復帰を図るために行われる訓練のことです。刑務所を出てからの生活を考えるうえでもとても必要なことです。この作業の種類は以下の4つに分けられます。社会復帰のためにも手に職を付けることは重要です。そのために、職業訓練において免許や資格の取得をさせ、その職業に就くための技能や知識を習得させます。具体的な職業としては、情報処理技術科、フォークリフト運転科、ホームヘルパー科、理容科など60項目以上あります。訓練は総合訓練、集合訓練、自庁訓練の3つに分けられており、これらを計画的に行っていくことで技術の習得を目指します。


つぎに、自営作業には炊事、洗濯、清掃などの自営に必要な経理作業と施設の改修工事などで必要となる営繕作業に分けられます。つまり、生活していくうえで必要な作業が出来るようになるためのものだと言えます。
ほかに、社会貢献作業は労務を提供することで受刑者たちが社会に貢献していることを実感できるようにするものです。これにより、円滑な社会復帰が期待されます。
また、生産作業とは物を作る作業ですが、原材料の提供者によって3つに分かれます。国の場合を生産作業、事業部の物品の場合を事業部作業、契約相手からの場合を提供作業と呼びます。