‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

相続税が不要な財産

2015/02/10

相続税がかからない財産は、あります。 墓地または墓石はかかりません。そして、仏壇やその道具、神を祭っているものもです。
骨董として値がつくなどの物は対象となるものがあります。そして、商品は相続税がかかります。宗教や、学術、公益目的事業個人が、相続財産を公益目的事業に使う物もそうです。そして、 地方公共団体の条例で、精神や身体障害者や扶養人が得る給付金をもらう権利もそうです。 相続で得た相続税がかからない財産のうち主なものは次のとおりです。生命保険金の死亡保険金の中の、500万円に法定相続人数をかけた額の部分です。 相続やまたは遺贈においての退職手当金等の中の死亡退職金で、500万円に法定相続人数をかけた額の部分です。個人経営の幼稚園事業に使用された財産で、条件内のものもそうです。これは、相続人の誰か続いて幼稚園を経営することが必須です。


相続または遺贈で得た財産のなかで、相続税の申告期限内に国や地方公共団体や公益目的事業をする特定法人に寄附したものも対象です。また、相続金銭か遺贈金銭で、相続税の申告期限内に特定公益信託の信託財産目的に支出したものです。
このように、課税対象にはならい財産は、いくつか存在しています。

申告と納税の期限

2015/02/10

相続税の法定納期限は「相続の開始を知った日から10ヶ月以内」となっています。「相続の開始を知った日」は、被相続人が亡くなったことにより自分が相続人となったことを知った日のことで、必ずしも被相続人の死亡日が起算日になるとは限りません。しかし、実際には被相続人の死亡日を起算日として納付期限を決めるケースが多いです。


相続税の申告と納税は、被相続人が亡くなった時点の住所地を管轄している税務署に対して行います。この時、申告しなければならない相続人が2名以上いる場合は、1通の申告書を使って共同申告することができます。例えば、納税手続きを行う時点で相続問題が全て片付いた状態になっていれば、相続人全員分の相続税の申告を1通の書類で済ませることができますが、相続人の間で解決が長引いている問題があったり、連絡が取れない相続人がいる場合は、各自が別々に申告書を作成して提出しなければなりません。
また、法定納期限までに遺産分割協議が終了する見込みが無い場合は、分割が済んでいない部分の財産を法定相続分に従って取得したものとみなして、税額を計算して納付します。そして、相続する遺産が確定した段階で修正申告や更正の請求の手続きによって、各相続人の相続分に沿った税額に訂正します。遺産分割協議が終わらないからといって納税を済まさないままでいると、税務署から納税の催促が行われるだけでなく、附帯税が課せられる場合があるので、法定納期限以内に必ず納税を済ませましょう。

相続税は誰に掛かるものか

2015/02/10

相続税は、亡くなった人の財産を、相続や遺贈によって取得したときに課税される国税の一種です。亡くなった人を被相続人といいますが、その配偶者や子供、父母などの一定範囲の親族は、法定相続人として、被相続人の死亡によってその財産を当然に取得します。相続人以外の他人であっても、被相続人が財産の一部または全部を贈与するという遺言をすれば、遺贈といって、相続の場合と同じように財産を受け継ぐことが可能です。 被相続人のすべての財産から、借入金などの負債、通夜や本葬の費用、墓地や仏壇などの非課税財産を除いた、純粋に価値をもつ部分のことを純資産額といいます。


相続開始前3年以内の贈与財産がある場合にはその金額をこれに加え、さらに基礎控除の金額を除いたものが、課税遺産の総額となります。 基礎控除というのは、600万円に法定相続人の人数を乗じた額に3,000万円を加えた金額のことで、特に条件を問わず、相続税の計算にあたり、課税遺産の総額から差し引くことができるとされる金額のことです。課税遺産の総額が基礎控除額以下の場合には、相続税はかからず、税務署への申告も必要ありません。このように、相続税の計算にはさまざまな特例が用意されているため、実際には税金がかからないケースも多いとみられます。 もし税金がかかる場合は、法定相続割合により課税遺産の総額を按分したのち、税率を乗じたものをすべて合計すれば、これが相続税の総額となります。ここからさらに遺産を取得した割合に応じて相続税の総額を按分して、納税義務のある各人が申告・納税を行うということになります。

土地の評価方法

2015/02/10

土地の相続評価において、評価単位は、利用する単位となる1区画の土地毎の評価となります。ここで1区画の土地は、1筆の土地から構成されるものには限定されず、2筆以上の土地から構成される場合もある点に注意が必要です。次に、土地の 評価方法ですが、路線価方式と倍率方式があります。一般に前者は、市街地にある土地に対して、後者は市街地を形成していない区域に対して採用されています。後者は、土地が接している道路にラベル付けされた路線価と呼ばれる標準価額に対し、土地の面積を掛けあわせて評価を実施する方式です。ただし、単に標準価額×土地の面積で算出できるのは、土地の形状が標準的な形状の場合のときであり、通常は算出後、土地の奥行や道路に対しての間口の広さ、形状の要因により、金額の加減算が行われることになります。


一方、倍率方式では、土地に対する固定資産税評価額に国税局にて定められた一定の倍率を掛けあわせて評価を実施する方法です。固定資産税評価額は各自治体が発行した評価証明書に記載されています。倍率は税務署にある評価倍率表を確認することになります。倍率方式では、奥行き、間口の広さ、形状に対して加減算は基本的には不要です。

相続財産の評価決定の定義

2015/02/10

相続税とは、亡くなった人の財産を相続する時にかかる税金のことです。財産は現金や預貯金ばかりではありません。不動産や上場株式など、お金に換算されるものも全て含まれます。お金に換算されるものの価値はどのように評価されるのでしょうか。共通して言えるのは、相続財産の評価は原則として相続開始日(死亡時)の時価で行われ、何を基準として評価しなければならないのかが全て決まっているということです。
例えば、宅地は路線価(国税庁が示す全国の主要な市街地の道路の値段)のある土地であれば路線価方式で、ない土地なら倍率(国税局長が地域ごとに定める倍率)方式で評価されます。おおよそ、実勢価格の70〜80パーセント程度といえるでしょう。


一方家屋の方は、固定資産税評価額がそのまま評価額となります。上場株式の場合、毎日証券取引所で取引が行われていますので、株価がすぐにわかります。日々変動する株価のなかで、相続または死亡した日の終値、当月の終値の月平均額、前月の終値の月平均額、前々月の終値の月平均額のうち一番低いものを評価額とします。
また、ゴルフ会員権はその時の売買価格のおよそ70パーセントほど、家財道具はそのときに中古市場での価格がそれぞれ評価額となります。

財産分割をスムーズに行う秘訣

2015/02/10

a0002_004326相続や離婚などで財産分割をスムーズに行うときには、法的な持ち分を守って内訳に関して話し合うのが一番です。特に相続の場合、相続人同士で持分割合については既に決まっていますので、どの財産を譲り受けるかがネックになります。このとき、不動産や動産類の価値を正確に評価したリストを作り、その評価額によって取得割合を決めるというのが話を進めやすくするコツです。


不動産の場合には、トータルの相続分からその土地の評価を差し引き、残ったものは現金やその他動産類で補てんするといった分割の仕方をすると、持ち分が変動してもめることもありません。また、どうしても欲しい遺産が自分の持ち分より高額であった場合には、その差額を現金として他の相続人に支払う代償分割といった方法もあります。近頃では実家を離れて居を構える人も多いため、遠方の相続人の中には、不動産よりも現金を希望する人が増えています。このような場合には、こういった手段で全員が納得する分割を行うこともあります。相続人間での話し合いが比較的簡単にできる場合で、どうしても取得したい遺産があった場合には、提案してみるのもよいでしょう。不動産の相続登記は相続人全員の同意が必要です。

法務省人権擁護局の役割

2015/02/10

a0002_004006人権擁護機関には、人権擁護局というところがあります。学校などでいじめを受けていたりする人の相談を受け付けています。他にも、高齢者や子どもで虐待されている場合にも相談ができます。電話のほかにも、インターネットで相談を受け付けているのです。ここでは、必要に応じて事実を調査してくれます。最善の方法を一緒に考えてくれます。手続きに費用はかからず、早い解決を目指しています。事情を良く聞いて、それに合った助言を行っています。


人権侵害をうけた場合、救済措置を行います。人権侵害についての調査をして、必要に応じて様々な処置をします。ここでは、啓発活動も行っています。一人でも多くの悩める人を救うためのものなのです。インターネットでの誹謗や中傷でも人権侵害にあたります。全国各地の法務局では、人権に関する相談を受け付けています。国の機関として、中立な立場で問題の解決に当たります。書面の作成など、わずらわしいことがない事も魅力のひとつです。関係の調整も行ってくれ、話し合いの仲介などをしてくれます。状況の改善を求めるために勧告をしてくれる場合があります。また、専門機関の紹介や連携も行っているのです。このように、内容は多岐にわたっています。

管理人やサービス会社への誹謗中傷記事の削除依頼

2015/02/10

a0002_000036管理人やサービス会社への誹謗中傷記事の削除依頼はできます。もし、自分の誹謗中傷があったら、どうすればいいか戸惑うことになります。ネットでのいじめも深刻になっています。年々法務局に寄せられる相談件数は増えています。ネットにおいて人権の被害者は多く存在しているのです。相談のほとんどは名前や顔写真または住所や電話番号などの個人の情報をさらされたり中傷されたというものです。このような行為は犯罪になります。社会的に影響を受けたり、精神的に参ってしまうケースもあるようです。個人の情報をネットでさらしたり、誹謗中傷する事で、罪に問われることもあるのです。


まずすることは書き込みのあった掲示板のURLを控えることです。書き込みをプリントするなどして証拠を保存します。デジタルカメラで撮影して保存するのも有効です。それから、管理者に削除を依頼するのです。電子メールで、個人の情報など公開されている旨を伝えます。この時点で、自分の本名を名乗る必要はありません。依頼の方法は、掲示板ごとに異なる場合があるので、利用規約をよく確認することです。それでも削除されていない場合は、掲示板などのプロバイダに依頼をします。掲示板サービス提供会社のことです。

知的・教育的・娯楽的な活動及び運動競技等

2015/02/10

a0001_000584刑務所においては収監されている囚人の更生及び社会復帰のための教育も重要な業務とされています。その為刑務所においては社会復帰の際に二度と犯罪を犯さないような心の余裕を持たせることが重要な要素の一つと考えられています。


その為、刑務所内においても余暇活動や慰問行事への参加も重要な教育と位置付けられています。 その為、更生教育に支障のない範囲で、読書やテレビの視聴などの知的もしくは娯楽的な活動も制限はありますが許可されています。また、運動なども許可されており、囚人相互の接触も制限の元で許可されています。 これらの活動は一部義務化されているところもあり、基本的に集団行動の中で行われます。その為決して自由ではなく、一定の規律の元に行われています。その理由はあくまでも刑務所の中で社会復帰のための協調性、および手段行動の重要性をこのような知的・教育的・娯楽的な活動及び運動競技等を通して学習させるという意図があります。 この知的・教育的・娯楽的な活動及び運動競技等については、囚人の罪の重さ及び刑務所の中での服役態度において大きく左右されるものです。したがってすべての囚人が参加できるわけではなく、一定の更生の可能性があると認められた囚人だけが行うという点も大きな特徴です。