法務省人権擁護局の役割

a0002_004006人権擁護機関には、人権擁護局というところがあります。学校などでいじめを受けていたりする人の相談を受け付けています。他にも、高齢者や子どもで虐待されている場合にも相談ができます。電話のほかにも、インターネットで相談を受け付けているのです。ここでは、必要に応じて事実を調査してくれます。最善の方法を一緒に考えてくれます。手続きに費用はかからず、早い解決を目指しています。事情を良く聞いて、それに合った助言を行っています。


人権侵害をうけた場合、救済措置を行います。人権侵害についての調査をして、必要に応じて様々な処置をします。ここでは、啓発活動も行っています。一人でも多くの悩める人を救うためのものなのです。インターネットでの誹謗や中傷でも人権侵害にあたります。全国各地の法務局では、人権に関する相談を受け付けています。国の機関として、中立な立場で問題の解決に当たります。書面の作成など、わずらわしいことがない事も魅力のひとつです。関係の調整も行ってくれ、話し合いの仲介などをしてくれます。状況の改善を求めるために勧告をしてくれる場合があります。また、専門機関の紹介や連携も行っているのです。このように、内容は多岐にわたっています。

コメントは受け付けていません。