相続財産の評価決定の定義

相続税とは、亡くなった人の財産を相続する時にかかる税金のことです。財産は現金や預貯金ばかりではありません。不動産や上場株式など、お金に換算されるものも全て含まれます。お金に換算されるものの価値はどのように評価されるのでしょうか。共通して言えるのは、相続財産の評価は原則として相続開始日(死亡時)の時価で行われ、何を基準として評価しなければならないのかが全て決まっているということです。
例えば、宅地は路線価(国税庁が示す全国の主要な市街地の道路の値段)のある土地であれば路線価方式で、ない土地なら倍率(国税局長が地域ごとに定める倍率)方式で評価されます。おおよそ、実勢価格の70〜80パーセント程度といえるでしょう。


一方家屋の方は、固定資産税評価額がそのまま評価額となります。上場株式の場合、毎日証券取引所で取引が行われていますので、株価がすぐにわかります。日々変動する株価のなかで、相続または死亡した日の終値、当月の終値の月平均額、前月の終値の月平均額、前々月の終値の月平均額のうち一番低いものを評価額とします。
また、ゴルフ会員権はその時の売買価格のおよそ70パーセントほど、家財道具はそのときに中古市場での価格がそれぞれ評価額となります。

コメントは受け付けていません。