知的・教育的・娯楽的な活動及び運動競技等

a0001_000584刑務所においては収監されている囚人の更生及び社会復帰のための教育も重要な業務とされています。その為刑務所においては社会復帰の際に二度と犯罪を犯さないような心の余裕を持たせることが重要な要素の一つと考えられています。


その為、刑務所内においても余暇活動や慰問行事への参加も重要な教育と位置付けられています。 その為、更生教育に支障のない範囲で、読書やテレビの視聴などの知的もしくは娯楽的な活動も制限はありますが許可されています。また、運動なども許可されており、囚人相互の接触も制限の元で許可されています。 これらの活動は一部義務化されているところもあり、基本的に集団行動の中で行われます。その為決して自由ではなく、一定の規律の元に行われています。その理由はあくまでも刑務所の中で社会復帰のための協調性、および手段行動の重要性をこのような知的・教育的・娯楽的な活動及び運動競技等を通して学習させるという意図があります。 この知的・教育的・娯楽的な活動及び運動競技等については、囚人の罪の重さ及び刑務所の中での服役態度において大きく左右されるものです。したがってすべての囚人が参加できるわけではなく、一定の更生の可能性があると認められた囚人だけが行うという点も大きな特徴です。

コメントは受け付けていません。