土地の評価方法

土地の相続評価において、評価単位は、利用する単位となる1区画の土地毎の評価となります。ここで1区画の土地は、1筆の土地から構成されるものには限定されず、2筆以上の土地から構成される場合もある点に注意が必要です。次に、土地の 評価方法ですが、路線価方式と倍率方式があります。一般に前者は、市街地にある土地に対して、後者は市街地を形成していない区域に対して採用されています。後者は、土地が接している道路にラベル付けされた路線価と呼ばれる標準価額に対し、土地の面積を掛けあわせて評価を実施する方式です。ただし、単に標準価額×土地の面積で算出できるのは、土地の形状が標準的な形状の場合のときであり、通常は算出後、土地の奥行や道路に対しての間口の広さ、形状の要因により、金額の加減算が行われることになります。


一方、倍率方式では、土地に対する固定資産税評価額に国税局にて定められた一定の倍率を掛けあわせて評価を実施する方法です。固定資産税評価額は各自治体が発行した評価証明書に記載されています。倍率は税務署にある評価倍率表を確認することになります。倍率方式では、奥行き、間口の広さ、形状に対して加減算は基本的には不要です。

コメントは受け付けていません。